注目の記事 PICK UP!

大谷翔平速報、出場が期待されるホームラン競争のルール詳細を解説。2017年の結果は? ヤンキースのジャッジが初優勝。

大谷が指名打者でオールスターに登録されることが決定し、ホームラン競争への出場が期待される。

オールスターでの注目イベントであるホームラン競争についてみていきたい。

大リーグオールスター、ホームラン競争のルール詳細とは?参加人数は?トーナメントで勝ち抜き方式。 

オールスターでのホームラン競争は、出場選手の中から8人が選抜され、トーナメント勝ち抜き方式で、以下のルールで行われる。

① 1回戦(準々決勝)
4組の対戦。時間は4分間で、球数の制限はなく、ホームランの本数を競う。途中1回に限り45秒間のタイムアウトを取得可能。もし440フィート(130メートル)以上のホームランを2本打てば30秒のボーナスタイムが追加される。後攻の打者が先行の打者のホームラン数を超えた場合は、その時点で終了。

もしホームラン数が同じ場合は、90秒間の延長(タイムアウト、ボーナスタイム無し)。決着がつかない場合は、3スイングずつで競争。それでも決着がつかなければ、1スイングずつ行い、ホームランを打てなかった方が負けとなる。

② 2回戦(準決勝)
1回戦を突破した4人が2組で対戦。ルールは1回戦と同様。

③ 決勝
2回戦を突破した2人で対戦。ルールは1回戦と同様だが、45秒のタイムアウトは2回取得可能。

MLBオールスター、ホームラン競争、T-Mobileボールとは? 

最後の1分間にはT-Mobileボールというのが用意され、そのボールがホームランになるとT-Mobileが放課後プログラムを提供するBoys and Girls Clubs of Americaに1万ドル(約110万円)の寄付を行う。

2017年MLBオールスター、ホームラン競争の結果は?スタントン2連覇期待されるもジャッジが優勝。 

2017年の第88回MLBオールスターのホームラン競争の結果は以下の通り。

前年度優勝で連覇が期待されたヤンキースのスタントンは1回戦で敗れる波乱の展開。

優勝したのは同じヤンキース所属のジャッジ。

まとめ 

ホームラン競争は大注目のイベントの1つで、大谷には是非出場してほしいイベント。

世界屈指の強打者を相手にどこまで通用するのか、注目。

まだオールスター出場も決まっていない段階なので、まずはレギュラーシーズンに集中して結果を残し、オールスター出場の切符を獲得してほしい。

関連記事

  1. 大谷翔平、オールスターファン投票中間発表、指名打者(DH)3位へ。故障者リストから復帰で出場の可能性…

  2. 【完全版】2019年MLBオールスターで大谷翔平に投票する方法!出場発表はいつ?

  3. 大谷翔平速報、次回2018年6月以降田中将大(マー君)との日本人対決の日程や可能性は?打者だけでなく…

  4. 親友トラウトも大谷故障者リスト入りを残念がる、エンゼルスへの影響は。2度MVPを獲得しているオールス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP