注目の記事 PICK UP!

大谷翔平速報、2018年5月31日タイガース戦3回戦の結果。先発5回3安打1失点、最速163キロを出す好投も、勝敗つかず。2度の雨天中断も経験。エンゼルスは敗戦。

エンゼルスの大谷は2018年5月31日、敵地コメリカ・パークで行われたタイガース戦3回戦に先発で登板した。

83球を投げて5回3安打1失点5奪三振と好投するも同点の場面で交代し、勝敗はつかなかった。

大谷の投手としての累計成績は、8試合投げて4勝1敗57奪三振、防御率3.18。

エンゼルスは大谷降板後に逆転され、1-6で敗れた。

大谷翔平速報、1回のピッチングの結果。制球定まらず2四球でピンチを作り、1点の先制を許す。 

1回の表エンゼルスの攻撃は、2番トラウトが1アウトからフォアボールで出塁するも、後続が倒れて得点ならず。

1回の裏、大谷が先発のマウンドにあがる。

1番マルティンに対してなかなか制球が定まらず、6球粘られフルカウントから内角低めに外れフォアボールでノーアウトのランナーを許す。

2番カステラノスに対しては3球目を打たせてショートフライで1アウトランナー1塁へ。

続く3番カンデラリオは3球目でカウント1-2と追い込むも、1塁走者マルティンに盗塁を決められる。

カンデラリオは4球目真ん中高めに抜けるも見逃しで三振、2アウトランナー2塁へ。

4番マルティネスには2球でカウント0-2と追い込むも、その後制球が定まらず4球連続ボールでフォアボール、2アウトランナー1・2塁。

5番グッドラムの2球目バットを折りながらもセンター前に運ばれて1点の先制を許す。

6番ジョーンズは初球を打たせてファーストフライで3アウト。

大谷は苦しみながらも1点で切り抜けた。

大谷翔平速報、2回のピッチングの結果。10球で3アウトと調整し、嫌な流れを断ち切る。 

2回表のエンゼルスの攻撃はノーアウト1・2塁のチャンスを作るも後続が続かずに得点できず、スコアは0-1のビハインド。

2回裏、大谷のマウンド。

先頭の7番グレイナーは3球目を打たせて、ライトライナーで1アウト。

8番のイグレシアスは2球で追い込み、3球目を打たせてサードゴロで2アウト。

9番のマチャドに対しては3球でカウント1-2と追い込み、4球目は外角低めを空振り三振で3アウト。

この回はわずか10球と、初回の嫌な流れから調整した。

大谷翔平速報、3回のピッチングの結果。2塁打を打たれるも0点に抑える。エンゼルスはプホルスの同点タイムリーで同点へ。 

3回表のエンゼルスの攻撃は、2番トラウトが1アウトから2ベースヒットで出塁。

続く3番アップトンは倒れるも、4番プホルスがセンター前タイムリーヒットで1点を返し、スコアを1-1とした。

3回裏の大谷のマウンド。

先頭は1番のマーティン、3球目で追い込んで4球目を打たせてセンターフライ、1アウト。

続く2番カステラノスは3球目で追い込むもカウント2-2からの5球目、外角真ん中の球をレフトに弾き返され2ベースヒット、1アウトランナー2塁。

3番カンデラリオは3球目で追い込み、5球目で空振り三振に仕留める、これで2アウトランナー2塁。

4番マルティネスは3球で追い込み、4球目を打たせてショートフライで3アウト。

大谷翔平速報、4回のピッチングの結果。3者凡退で徐々に調子を上げる大谷。 

4回表のエンゼルスの攻撃は、先頭の6番バルブエナがヒットで出塁するも、後続が倒れて無得点。

4回裏、大谷のマウンド。

先頭の5番グッドラムは4球目を打たせてセンターフライ、1アウト。

6番ジョーンズも4球目を打たせてレフトライナー、2アウト。

7番グレイナーは2球でカウント0-2と追い込み、3球目の外角低めを空振りさせて三振。

難なく3アウトを取り、徐々に調子を上げる大谷。

大谷翔平速報、5回のピッチングの結果。雨天中断後のマウンド。2死2・3塁のピンチも、メジャー自身最速163キロを記録し無失点で切り抜ける。 

4回の裏が終了すると激しい降雨で試合は一時中断となった。

大谷はソーシア監督と話し、グローブをもって一旦ベンチ裏に下がった。

中断後の5回表エンゼルスの攻撃。

先頭の1番キンズラーがレフトへ2ベースヒットを放ち、ノーアウト2塁。

2番トラウトはレフトフライ、3番アップトン見逃し三振、4番プホルスショートゴロと倒れ無得点。

5回の裏、大谷は交代かとも思われたが、再びマウンドへ。

先頭の8番イグレシアスは2球で追い込み、3球目を空振り三振で1アウト。

9番マチャドも2球で追い込み、4球目を打たせてセンターライナーで2アウト。

続く1番マーティン、6球粘られフルカウントから7球目が内角低めに外れ、2アウトランナー1塁。

2番カステラノスには2球目をレフトに運ばれ、2アウト2・3塁のピンチへ。

この日2三振に仕留めている3番カンデラリオは5球目、大谷自身メジャー最速となる162.7キロ(101.1マイル)の速球を打たせてピッチャーゴロ、ピンチをしのいだ。

大谷翔平速報、6回表にこの日2度目の雨天中断。大谷はマウンドに上がらず交代後にエンゼルス5失点。 

6回表エンゼルスの攻撃、2者凡退で2アウトの場面で再度雨脚が強まり、この日2度目の中断へ。

約40分後再開されるも、エンゼルスは三者凡退。

6回裏大谷はマウンドに上がらず、1-1と同点の場面で交代。

2番手のペドロジャン、3番手のジョンソンがこの回5失点で、エンゼルスは1-6と大量のリードを許す。

その後は両チーム得点入らず、エンゼルスは1-6で敗れた。

まとめ 

大谷は初回は制球に苦しんだものの、その後徐々に調子を取り戻し83球を投げ、5回3安打1失点5奪三振の好投も、同点の場面で交代となり勝敗つかずだった。

大谷はこの日初めての雨天中断を2度も経験、今後長いシーズンでは雨天中断もうまく切り抜けていく必要がある。

今日は勝敗つかずだったが、次の登板に期待したい。

関連記事

  1. 大谷翔平速報、2018年5月23日ブルージェイズ戦の結果。3打数0安打1四球。エンゼルスは3-5で敗…

  2. 故障者リスト(DL)入りで大谷離脱のエンゼルス、首位マリナーズ戦3連敗を含む4連敗でアメリカンリーグ…

  3. 大谷翔平速報、2018年5月26日ヤンキース戦の結果。大ブーイングの中3打数0安打1四球で連続安打ス…

  4. 大谷・田沢がアストロズ戦に出場。大谷復帰戦は2失点で2敗目、次回登板予定や課題は?田沢はエンゼルスで…

  5. 大谷翔平速報、2018年5月28日ヤンキース戦3戦目の結果。田中将大(マー君)との日本人対決は2三振…

  6. 大谷翔平、平野佳寿との日本人対決は実現せず。エンゼルス対ダイヤモンドバックス戦。平野は8月2勝無失点…

  7. 大谷翔平速報、2018年5月25日ブルージェイズ戦の結果。3打数2安打2得点2四球、メジャー初の1試…

  8. 大谷翔平速報、2018年5月30日タイガース戦2回戦の結果。中9日で翌日先発の大谷は出場無し。エンゼ…

  9. 大谷翔平、マメの影響でソーシア監督途中降板を決断。先発出場も勝敗つかず。2018年6月7日ロイヤルズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP