注目の記事 PICK UP!

大谷翔平の生まれ、出身、学歴とは?出身小学校・中学校・高校や野球経験とは?菊地雄星との関係は?甲子園での成績は?

メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスで二刀流で活躍する大谷翔平。

岩手県の花巻東高校時代から注目されていたので岩手県出身であることを知っている人は多いだろう。

ここでは高校以前の大谷、小学校、中学校などの学歴をみていこうと思う。

大谷翔平の生まれ、出身、生年月日、家族構成とは? 

大谷は1994年7月5日に大谷家3人目の子供として、岩手県で生まれた。

父親は徹で社会人野球まで野球経験あり、母親は加代子でバドミントンでインターハイ出場権を持つ、スポーツ経験豊富な両親のもとに生まれた。

大谷家の長男は龍太で、歳は翔平の7つ上。

現在は岩手県在住、トヨタ東日本野球部に所属し、選手兼コーチの二刀流で社会人野球をやっている。

大谷家の長女は結香で、歳は翔平の2つ上。

神奈川県で看護師をやっているとの噂で、翔平が日本にいたときはたびたび母親と球場に足を運ぶ姿が目撃されていた。

龍太と結香は神奈川県で生まれたが、その後岩手県に引っ越して翔平が誕生している。

大谷翔平の学歴とは?出身小学校は?野球経験は?愛犬エースとのエピソードは? 

大谷翔平の出身小学校は奥州市立姉体(あねたい)小学校。

奥州市のホームページに写真が載っていたが、校舎と花がとても綺麗で環境は良さそうだ。

引用:奥州市ホームページ

翔平が姉体小学校に入学した直後に、ゴールデンリトリバー「エース」を飼いはじめる。

そして3年生にあがる直前に野球をはじめる。

その前から父親・徹とキャッチボールはやっていたが、本格的にはじめるのはこの頃だ。

徹は翔平が所属した硬式野球チームの監督でもあった。

5年生の時には110キロの速球を投げたそうだ。

大谷翔平の学歴とは?出身中学校は?野球経験は?全国大会出場は?

大谷翔平の出身中学校は奥州市立水沢南中学校。

ホームページを見ると文武両道を推しているようだ。

中学校時代には一関市にあるシニアリーグのチームに所属して野球を行っていた。

父親・徹はこのチームのコーチを務め、翔平に野球の指導をしていた。

翔平はエースとして活躍し、3年生の時には全国大会に出場した。

大谷翔平の学歴とは?出身高校は?甲子園での成績は?菊池雄星との関係は?

高校はアスリート特進で花巻東高校に進学し、野球部に所属する。

花巻東高校の野球部は強豪校で、OBには埼玉西武ライオンズのエース・菊池雄星がいた。

高校2年の時に151キロ、高校3年の時にはアマチュア史上最速となる160キロを記録し、プロ野球だけでなく、メジャーリーグの注目も集めた。

野球に没頭した高校時代だったが、学校の成績もよかったとのこと。

甲子園には2度出場、投手としての成績は14回を投げて防御率3.77、16奪三振。

打者としては打率0.333で1本塁打。

大谷翔平出身校・学歴まとめ 

大谷は生まれから高校卒業までずっと岩手で過ごしました。

社会人野球経験者で監督やコーチを務める父親・徹、野球をやる7つ年上の兄・龍太がいたことで、野球をやる環境は整っていたのだろう。

<こんな記事も読まれています>

関連記事

  1. 大谷翔平を日本ハムファイターズがドラフトで指名した理由とは?メジャーリーグ挑戦表明済みも最終的には日…

  2. 大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウト・小島…

  3. 大谷翔平が日本ハムファイターズ入団を決意した理由は二刀流への挑戦。好きな言葉は「先入観は可能を不可能…

  4. 大谷翔平伝説、水沢リトルリーグ時代の全国大会準決勝で6イニング17奪三振。小学生時代から父親・大谷徹…

  5. 大谷翔平と菊池雄星の関係は?花巻東高校の先輩・後輩で憧れの存在。甲子園での活躍をみて進学を決意。佐々…

  6. 大谷翔平伝説。小学校時代に所属した水沢リトルリーグのホームランダービー(競争)で15スイング中11本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP