注目の記事 PICK UP!

大谷翔平伝説。小学校時代に所属した水沢リトルリーグのホームランダービー(競争)で15スイング中11本のホームラン。監督は父親の大谷徹。

大谷翔平が野球をはじめたのは小学校2年生の時。社会人野球の経験がある父親の大谷徹と一緒に、水沢リトルリーグに加入した。

大谷は当時から野球の才能がずば抜けていた。ここでは大谷の小学校時代の伝説について紹介していきたいと思う。

⇒【父親・大谷徹の野球経験やプロフィールとは

大谷翔平が野球をはじめたのは小学校2年生の時。父親の徹が監督の水沢リトルリーグ。 

大谷が野球を始めた小学校2年生の時は、特別背が高いというわけではなく、周りより少し高いくらいだった。体つきも細く、ひょろっとした華奢なイメージ。ただ当時から足は速く、方は強かったそうだ。

大谷が水沢リトルリーグに入ると、間もなくして父親の徹が監督を務めることになった。監督として自分のこどもと接するのは難しい面も多かったようだが、野球をしている時は監督と選手という立場を考えるよう、言葉使いなどは教育していったという。

大谷にとっても、自分にとって一番大事だった時期は小学校と語っている。

⇒【大谷翔平は遺伝で長身か?家族の身長とは?

大谷翔平、水沢リトルリーグではじめての全国大会を経験。 

大谷は小学校時代に所属した水沢リトルリーグではじめて全国大会に出場する。野球をはじめた時から全国大会を目標に練習してきたため、達成した時の喜びは相当なものだったそうだ。

大谷は5年生の時は全国大会準優勝、6年生の時は全国大会ベスト4の成績を残している。負けた時はすごく悔しい思いをして、次は優勝してやろうという気持ちで練習に励んでいた。

最後の一年は必死で練習し、自宅の中でもずっとボールとバットを持っていたそうだ。野球のことを常に考えていれば、少しでも上達するのではないかと思い、常に野球に繋がることはないかと探していた。

⇒【大谷翔平、ベーブ・ルース以来の二刀流へ。成績の比較

大谷翔平、水沢リトルリーグで35本のホームラン。ホームランダービー(競争)では圧勝。 

大谷がリトルリーグ時代に放ったホームラン数は35本。リトルリーグは12歳まで試合に出ることが可能なため、誕生日によっては中学1年生でも試合に出場するこどももいた。

岩手県内のホームランダービー(競争)に出場した時、大谷は小学6年生で他のチームは中学1年生が4番を打っていたが、その中でも圧倒的な結果を残している。他の選手が15スイング中最高でも3本しかホームランを打てなかったのに対して、大谷は15スイング中11本のホームランを放った。

試合でも大谷が打席に立つと、外野手は当然後ろにさがり、時には内野手までもが下がることがあったという。大谷の打球は強すぎで危なかったそうだ。小学校の時代から、大谷の野球センスは光っていた。

⇒【大谷翔平が使用するスパイクの詳細とは

大谷翔平伝説まとめ 

大谷翔平は小学校時代からずば抜けた野球センスの高さを発揮していた。ホームランダービーでの結果は相当すごいものである。

メジャーリーグ1年目はオールスター出場とならなかったが、是非来年はオールスター出場を勝ち取って、ホームラン競争に出場して欲しいと思う。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷翔平の兄・龍太、都市対抗野球本選出場へ
⇒【大谷翔平、6月7日ロイヤルズ戦に先発もマメの影響で緊急降板
⇒【大谷翔平、結婚相手はアナウンサーが有力か
⇒【大谷翔平、怪我で故障者リスト入りへ
⇒【大谷翔平の足はイチローより速いのか
⇒【メジャーリーグの故障者リスト・選手登録枠の概要とは
⇒【マルドナドが大谷を最悪の事態から救った?
⇒【マイク・トラウトの詳細を解説。
⇒【大谷、打者として怪我からの復帰なるか?
⇒【大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?
⇒【日ハムが大谷翔平をドラフト1位指名した理由とは?
⇒【大谷が日ハム入団を決意した理由は二刀流への挑戦

関連記事

  1. 大谷翔平の生まれ、出身、学歴とは?出身小学校・中学校・高校や野球経験とは?菊地雄星との関係は?甲子園…

  2. 大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウト・小島…

  3. 大谷翔平伝説、水沢リトルリーグ時代の全国大会準決勝で6イニング17奪三振。小学生時代から父親・大谷徹…

  4. 大谷翔平を日本ハムファイターズがドラフトで指名した理由とは?メジャーリーグ挑戦表明済みも最終的には日…

  5. 大谷翔平が日本ハムファイターズ入団を決意した理由は二刀流への挑戦。好きな言葉は「先入観は可能を不可能…

  6. 大谷翔平と菊池雄星の関係は?花巻東高校の先輩・後輩で憧れの存在。甲子園での活躍をみて進学を決意。佐々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP