注目の記事 PICK UP!

大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?エンゼルスはレンジャーズに逆転負け。4番指名打者(DH)で出場、初回にショート強襲のタイムリーヒット。

エンゼルスの大谷翔平は2018年8月17日(日本時間)、敵地で行われたテキサスレンジャーズとの試合に4番指名打者でスタメン出場した。

大谷のスタメン出場は4試合ぶり。エンゼルスは3連勝しており、このまま連勝をのばせるか注目が集まっていた。

ここではエンゼルス対レンジャーズの試合についてみていきたいと思う。

⇒【ソーシア監督2018年シーズンで退任濃厚。大谷二刀流への影響は?

大谷翔平2018年8月17日4番指名打者(DH)で先発出場。結果は? 

エンゼルスは1回の表から猛攻を仕掛ける。

1番カルフーン、2番フレッチャー、3番アップトンと3連打で1点を先制すると、ノーアウト1・3塁のチャンスの場面で大谷の第一打席が回ってきた。

大谷は2球目をとらえると、鋭い打球はショートへ。ショートは大谷のボールを取ることができず、外野に抜けて貴重な2点目となるタイムリーヒットとなった。

エンゼルスはこの回一挙5点を先制。1回裏に2点を返されるも、2回には両チーム一点ずつを追加し6-3となった。

大谷の第二打席は2回表2アウトランナー無しの場面。この打席は空振り三振に倒れた。

5回の第三打席は1アウトランナー無しの場面。3球目を打つもセカンドゴロに倒れた。

レンジャーズは6回表に1点を追加し、エンゼルスのリードは6-4と2点。

大谷の第4打席は8回表ノーアウトランナー無しの場面だったが、この打席も空振り三振に倒れた。

この日の大谷は4打数1安打1打点。

エンゼルスは8回裏にレンジャーズに4点取られ、6-8と逆転負けとなり、連勝は3でストップした。

⇒【大谷通訳、水原一平とは?

エンゼルス、トリプルプレーで嫌な展開。打者がアウトにならないトリプルプレーは106年振り? 

エンゼルスは6-3でリードしていた4回表、珍しいプレーが起こった。

この回先頭の8番ワードがフォアボールで出塁。続く9番ヤングはレフト前ヒットでノーアウト1・2塁とチャンスを広げる。

前の打席でソロホームランを放ってこの日2安打と好調の1番カルフーンはライト前ヒットでノーアウト満塁とした。

続くバッターは2番フレッチャー。ここでエンゼルスが大量得点をすればこの日の試合はほぼ決まったようなものだった。

フレッチャーは2球目をヒッティングし、鋭い打球が3塁線へ。この打球をサードがワンバウンドで捕球し、サードベースを踏み1アウト。

3塁ランナーであったワードはサードベースに戻ったものの、何を間違えたか塁を離れてタッチアウトで2アウト。

サードは2塁に送球し1塁ランナーもアウトで、まさかのトリプルプレーとなった。

トリプルプレー自体珍しいが、打者がアウトにならないトリプルプレーは、メジャーリーグでは1912年以来106年振りの出来事となった。

このプレーでエンゼルスは流れを失い、レンジャーズに逆転負けとなった。

⇒【大谷翔平、イチローとの仲や関係性は?

大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃まとめ 

エンゼルスは初回から大谷のタイムリーヒットもあり、大量得点で良い感じ試合を進めていたが、4回表のトリプルプレーで流れは完全に悪くなった。

その後もなんとかしのいでいたものの、8回裏に逆転を許し、敗戦となった。

3連勝中であり勝てた試合だったため、非常にもったいない敗戦となった。これでプレーオフ進出はさらにきびしくなったと言わざるをえないだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷翔平と菊池雄星の関係は?
⇒【大谷翔平、同僚のフレッチャーとスマブラ対戦でリラックス
⇒【大谷翔平、投手としての復帰の時期は?
⇒【大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?
⇒【日ハムが大谷翔平をドラフト1位指名した理由とは?
⇒【大谷が日ハム入団を決意した理由は二刀流への挑戦
⇒【大谷伝説。小学生時代のホームランダービー。
⇒【大谷翔平、投手復帰のリスクとは?
⇒【大谷伝説、6イニングで17奪三振
⇒【大谷プロ1年目の成績は?
⇒【大谷プロ2年目の成績は?20歳の誕生日は初の2本塁打

関連記事

  1. 大谷翔平速報、2018年5月24日ブルージェイズ戦の結果。4打数1安打2打点1得点1盗塁、エンゼルス…

  2. 大谷翔平、代打の打率がリーグ平均を大幅に上回る活躍。代打出場するメリットとは?ダイヤモンドバックス戦…

  3. 大谷翔平、俊足でファンどよめく。ライト前ヒットを2塁打に。チャンスでは敬遠も。エンゼルスはNラミレス…

  4. 大谷翔平・トラウトの3番・4番コンビが最強。15号3ラン・31号ソロと仲良くアベック本塁打。松井秀喜…

  5. 大谷翔平、左投手(ピッチャー)から初となる16号ホームラン。メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ。田沢もリ…

  6. 大谷翔平、サイヤング賞投手バーランダーから14号ホームラン。プレイヤーズウィークエンドで「SHOWT…

  7. 大谷翔平速報、2018年5月25日ブルージェイズ戦の結果。3打数2安打2得点2四球、メジャー初の1試…

  8. 大谷翔平速報、2018年6月1日タイガース戦4回戦の結果。大谷は前日登板のため出場無し。エンゼルスは…

  9. 大谷翔平速報、2018年5月29日タイガース戦1回戦の結果。大谷は出番無く、次回登板に向け調整か。エ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP