注目の記事 PICK UP!

吉川俊平投手、社会人野球からメジャーリーグ挑戦へ。エンゼルス大谷と同い年、対戦の可能性は?プロ野球ドラフト1位指名候補、パナソニック所属。

今年のプロ野球ドラフトで1位指名が濃厚とされる、パナソニック所属の吉川俊平(よしかわしゅんぺい)投手が、メジャーリーグ挑戦を検討していることが分かった。

日本プロ野球を経験しないでのメジャーリーグ挑戦は、前例はあるが、珍しいケースである。

ここでは吉川投手についてみていきたいと思う。

⇒【ワード、メジャーリーグ初ホームラン

吉川俊平投手の経歴は?高校・大学時代はドラフトにかからず、パナソニックで社会人野球へ。 

吉川投手は大阪府出身、1995年1月24日生まれの23歳(記事執筆時点)。

今年メジャーリーグに挑戦しているエンゼルスの大谷翔平が1994年7月5日生まれなので、吉川投手と大谷は同い年ということになる。

関西大学北洋高校や関西大学でも野球をやっていたが、ドラフトで指名を得ることができなかった吉川投手は、2017年にパナソニックに入社し社会人野球の道へ。

2年目となる2018年には活躍し、ようやくプロ野球のドラフト候補に挙がっており、1位指名が噂されるほどにまでなっている。

今後吉川投手がどのような決断をしていくのか、注目だ。

⇒【「SHOWTIME」ユニホーム売上絶好調

吉川俊平投手、25歳未満のため大谷と同じくマイナー契約しかできない。 

吉川選手は現在23歳のため、エンゼルスの大谷と同じように25歳未満の外国人選手はマイナー契約しかできないというメジャーリーグの規定に引っ掛かる。

だが契約はマイナーであっても、大谷のように開幕からメジャーリーグ選手として出場することは制度上可能だ。

パナソニック野球部のホームページによると、吉川選手は183センチ77キロとかなり細身であり、大谷と違ってフィジカル面も含めて改善する余地は大きくありそうで、もしメジャーリーグ挑戦をしたとしても、開幕からベンチ入りするのは難しいかもしれない。

ただ23歳という年齢を考えると、メジャーより1つ下のAAA(トリプルエー)や更に下のAA(ダブルエー)の契約となっても、ゆっくりと時間をかけて成長していけば問題ないだろう。

やるべきことをやっていればメジャー昇格のチャンスは回ってくるはずだ。

⇒【菊池雄星メジャーリーグ挑戦へ

吉川俊平投手、フリーエージェント(FA)権取得に9年かかるのが直接メジャーリーグ挑戦の理由? 

吉川投手が日本プロ野球を経由せずに、社会人野球選手から直接メジャーリーグに挑戦する理由には、フリーエージェント(FA)権を取得するのに時間がかかりすぎることがあると思われる。

日本のプロ野球ではFA権を獲得するには9年必要で、もし吉川投手が24歳でプロ野球に入団した場合、FA権を獲得できるのは33歳。

選手としてのピークを過ぎた頃にメジャーリーグ挑戦という可能性も高く、吉川選手はそれを避けたい意向があるのではないだろうか。

大谷のように球団がポスティングシステムを容認して、メジャーリーグ挑戦するケースもあるが、最近では大谷、田中将大、ダルビッシュ有の3人だけであり、多くの選手が実現できてきたわけではない。

だがもし吉川選手がFA権取得の遅さを嫌がって直接メジャーリーグ挑戦を目指しているのであれば、数年後にポスティングシステムを認める形での条件を提示すれば、一旦日本プロ野球に入団する可能性はあるかもしれない。

日本ハムファイターズが大谷を口説いたように、最後までどうなるかはわからないだろう。

⇒【大谷3度目ブルペン。二刀流復帰の時期は?

吉川俊平投手、社会人野球からメジャーリーグ挑戦まとめ 

既に一部のメジャーリーグ球団は吉川投手の獲得に興味を示していると言われている。

25歳未満の吉川投手はマイナー契約しかできないため、メジャーリーグ球団にとっても破格の値段で将来有望な選手を獲得できるチャンスとなるだろう。

同い年の大谷との対決も、見てみたい人は多いだろう。

一方で日本プロ野球入りの可能性もゼロではないと思われるため、将来的なメジャーリーグ挑戦も含めてどのような契約条件を提示できるか次第となるかもしれない。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷が利用したポスティングシステムとは?
⇒【エンゼルス入団会見の詳細とは
⇒【大谷翔平、好きなスポーツ選手初の1位へ
⇒【大谷翔平、エンゼルス入団までの交渉経緯とは
⇒【大谷翔平は遺伝で長身か?家族の身長とは?
⇒【大谷翔平、エンゼルス5人目の日本人選手へ。過去の選手の実績とは?
⇒【大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?
⇒【日ハムが大谷翔平をドラフト1位指名した理由とは?
⇒【大谷が日ハム入団を決意した理由は二刀流への挑戦
⇒【大谷伝説。小学生時代のホームランダービー。

関連記事

  1. 大谷翔平、左投手(ピッチャー)から初となる16号ホームラン。メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ。田沢もリ…

  2. 岩隈久志、大谷翔平と対戦実現せず。2018年9月27日に始球式でメジャー最後の登板。

  3. 大谷翔平メジャーリーグ5勝目かけてアストロズ戦に先発、ケガから復帰のマウンドへ。田中将大(マー君)1…

  4. ダルビッシュ、マイナーで登板も緊急降板。大谷翔平は実践想定の投球練習再開。先に投手でメジャーリーグ復…

  5. 大谷翔平と中田翔メジャーリーグで対戦・共演の可能性は?プロ通算200号本塁打達成、平成生まれでは初。…

  6. 大谷翔平、エンゼルス5人目の日本人選手へ。長谷川滋利、水尾嘉孝、松井秀喜、高橋尚成の成績とは?二刀流…

  7. 【菊池雄星】シアトル・マリナーズと契約合意、年俸・条件は?エンゼルス大谷翔平との対戦は?

  8. 大谷翔平の足はイチローよりも早い?俊足トラウトとの比較は?メジャーリーグで30盗塁も達成可能か?足の…

  9. 柳田悠岐メジャーリーグ挑戦はいつ?大谷翔平との対戦の可能性は?日米野球でサヨナラホームラン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP