注目の記事 PICK UP!

大谷・田沢がアストロズ戦に出場。大谷復帰戦は2失点で2敗目、次回登板予定や課題は?田沢はエンゼルスで初リリーフもソロホームランを浴びる。

エンゼルスの大谷翔平は2018年9月3日(日本時間)に敵地ミニッツメイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ戦に先発登板した。

大谷の投手としての出場は6月7日以来の約3ヶ月ぶりで、全米の注目を集めた。

またマイナーからメジャーに上がった田沢純一もエンゼルスではじめてリリーフで登板している。

ここでは大谷と田沢の試合結果についてみていきたいと思う。

⇒【田沢メジャー昇格、大谷との継投は?

大谷翔平アストロズ戦に復帰登板もスプリンガーに2ランホームランを浴びる。3回には球速が落ちて49球で降板。 

久しぶりの試合のマウンドとなった大谷は、直球はそれなりの球速が出ていたものの、変化球のキレはなく、また3回になると明かに球速が落ちて、次回に課題を残した結果となった。

立ち上がりは、1番スプリンガーに2球目をうまくあわせられライト前ヒットでノーアウトのランナーを許す。

続く2番アルトゥーベには2球でカウント0-2と追い込み、3球目のスプリットがあまり落ちずにとらえられたが、レフト正面のライナーで1アウトとなった。

3番ブレグマンは初球を打たせて2アウトランナー1塁とするも、4番コレアに対しては粘られてフルカウントから7球目が外れてフォアボール、2アウトランナー1・2塁とピンチを広げる。

5番ホワイトに対してもフルカウントとなるも、6球目が真ん中低めに決まり見逃し三振、なんとか初回を0点に抑えた。ホワイトに対してはこの日最速となる159.8キロをマークした。

2回は6番ゴンザレスをショートゴロ、7番グリエルを空振り三振、8番マルドナドをセカンドゴロに抑え、3者凡退でしのいだ。

3回にはいると大谷の球速は明かに落ち、150キロが出なくなった。

9番ケンプに対してフルカウントから7球目が外れてフォアボール、ノーアウトのランナーを許した。

続くバッターは初回にヒットを打たれたスプリンガー。

カウント1-2と追い込んだ5球目の真ん中低めの球をうまくとらえられ、レフトスタンドに運ばれる20号2ランホームランとなった。

2点を失った大谷は続く2番アルトゥーベは4球目を打たせてセカンドゴロで1アウト。

ここで球数が49球となり、ソーシア監督がマウンドに向かって大谷は交代となった。

⇒【大谷、40本塁打100打点は達成可能?

田沢純一エンゼルスで初リリーフ登板もブレグマンにソロホームランを打たれる。エンゼルスはそのまま敗れて大谷は2敗目。 

エンゼルスはその後追い上げを見せて2-3と一点差に迫った7回裏、5番手として田沢がエンゼルスでの初登板となった。

最初のバッタ・アルトゥーベはショートフライに抑えるも、続くブレグマンには3球目をレフトスタンドに運ばれる27号ソロホームランでリードを2-4と広げられた。

田沢はその後2ベースヒットとフォアボールでピンチを招くも、なんとか1失点で抑えた。

エンゼルスはそのまま2-4で敗れ、大谷は2敗目を喫した。

⇒【大谷、左投手だとスタメン落ちする理由は?

大谷翔平、次回の登板予定は?課題は球数と変化球のキレ。 

大谷は久しぶりの登板ということもあり、3回に入ると明かに球速が落ちて、49球で降板となった。

とりあえず復帰登板としてはまずまずの結果と言えるかもしれないが、今後球数をあげていくのと、変化球のキレを取り戻せるかが課題となってくる。

エンゼルスは今シーズン残り25試合。もし大谷が週1で登板することができれば、あと3から4試合を投げることができる。

無事に復帰登板を終えて様子見をしてからとなるだろうが、早くも次回の登板が楽しみである。

⇒【大谷翔平、バーランダーから14号本塁打

大谷・田沢がアストロズ戦に出場まとめ 

この日のアストロズ戦は大谷の復帰登板、田沢のリリーフ登板とエンゼルスの日本人投手がともに出場した。

結果は2人ともホームランを打たれてしまったが、ここから調整して次回以降の活躍に期待したい。

大谷は本日の調整登板を経て、次回以降は本調子に戻ることを期待したい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷プロ3年目で開幕投手。栗山監督が2月20日に伝えた意味とは?
⇒【アップトン2018年8月打撃好調。成績や年俸は?
⇒【大谷の同僚、カルフーンとは?
⇒【大谷6盗塁目成功、失敗無しで成功率は驚異の100%
⇒【大谷3度目ブルペン。二刀流復帰の時期は?
⇒【大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?
⇒【菊池雄星メジャーリーグ挑戦へ
⇒【大谷新人王獲得の可能性・競合選手は?
⇒【「SHOWTIME」ユニホーム売上絶好調
⇒【大谷代打で13号3ランホームラン

関連記事

  1. 大谷翔平17号・18号ホームラン。メジャー2回目の1試合2本塁打で城島健司1年目の記録に並ぶ。MRI…

  2. 大谷翔平速報、2018年5月30日タイガース戦2回戦の結果。中9日で翌日先発の大谷は出場無し。エンゼ…

  3. 大谷翔平、サイヤング賞投手バーランダーから14号ホームラン。プレイヤーズウィークエンドで「SHOWT…

  4. 大谷翔平・トラウトの3番・4番コンビが最強。15号3ラン・31号ソロと仲良くアベック本塁打。松井秀喜…

  5. 大谷翔平速報、2018年5月29日タイガース戦1回戦の結果。大谷は出番無く、次回登板に向け調整か。エ…

  6. 大谷翔平速報、2018年5月27日ヤンキース戦2戦目の結果。4打数0安打1打点で、2試合連続ノーヒッ…

  7. 大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?エンゼルスはレンジャーズに逆転負け。4番指名打者(DH)で出場…

  8. 大谷翔平速報、2018年6月5日ロイヤルズ戦1回戦の結果。代打出場で内野安打、1打数1安打1得点。チ…

  9. 大谷翔平速報、2018年5月26日ヤンキース戦の結果。大ブーイングの中3打数0安打1四球で連続安打ス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP