注目の記事 PICK UP!

大谷翔平、左投手(ピッチャー)から初となる16号ホームラン。メジャー1年目の松井秀喜に並ぶ。田沢もリリーフ登板で1回を無失点。日本ハムのチームメイト・マーティンも登板。

エンゼルスの大谷翔平は2018年9月5日(日本時間)に敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦に2番指名打者(DH)で先発出場した。

相手の先発は大谷が苦手とする左腕のマイナーであったが、プホルスが今シーズン復帰が絶望的となっている中で先発出場し、第三打席で見事16号ホームランを放っている。

またこの試合ではエンゼルスの田沢、日本ハム・ファイターズ時代のチームメイトでレンジャーズのマーティンもリリーフで登板し、無失点に抑えている。

ここでは9月5日のエンゼルスとレンジャーズの試合についてみていきたいと思う。

⇒【プホルス離脱で大谷の出場機会増える?

大谷翔平、苦手の左投手(ピッチャー)マイナーから16号ソロホームラン。 

大谷の第一打席は1回表ノーアウト2塁の場面だったが、7球粘るも最後は見逃し三振に倒れた。

第二打席は3回表ノーアウト1塁の場面、この打席は三球三振に倒れ、2打席連続の三振と左投手相手に苦戦していた。

第三打席は6回表先頭打者の場面。カウント2-1から4球目の真ん中の球をフルスイングすると見事にとらえて、ライトスタンドに運ぶ16号ソロホームランとなった。

大谷はメジャーリーグで左投手からはじめてのホームランとなった。

第四打席は2アウトランナー1・2塁のチャンスの場面で打席が回ってくるも、2球目をひっかけてセカンドゴロとなった。

エンゼルスは2-4で敗れている。

大谷の今シーズンの通算成績は243打数67安打で打率.275、16本塁打44打点。

⇒【大谷翔平、マルドナドと再会

大谷翔平、松井秀喜のメジャー1年目に並ぶ16号ホームラン。打席数は大きく違う。 

大谷は松井秀喜がメジャー1年目に記録した16本塁打に並んだ形となった。

ただ大谷は二刀流での出場となるため、松井とは打席数が大きく違う。

大谷は243打数で16本塁打なのに対して、松井は623打数で16本塁打。

もし大谷が松井と同じ打席数をこなすことができれば、41本のホームランを打てる計算となる。

結果の数字だけをみると同じではあるが、詳細をみていくといかに大谷の16本塁打がすごい数字であるか、おわかりいただけただろう。

大谷が打者に専念したら、どこまでホームランを打つことができるのか見てみたい気もする。

大谷は16号ホームランを放ったことで、メジャー1年目での城島健司が記録した18本塁打、そして20号本塁打も視野に入った状況となっている。

残りの試合での活躍に期待したい。

⇒【大谷、40本塁打100打点は達成可能?

田沢純一、大谷の日本ハム時代のチームメイト・マーティンもリリーフ登板。 

この日はエンゼルスの田沢も7回裏にリリーフ登板。

先頭バッターのデシールズに2ベースヒットを打たれるも、後続をしいかりと抑えて0点で切り抜けた。

また大谷の日本ハムファイターズ時代のチームメイトで、現在レンジャーズに所属するマーティンも8回表に登板。

3番トラウトからの打順であったため、大谷との元チームメイト対決は実現しなかったが、マーティンは味方のエラーで出塁を許すも、0点に抑えている。

今後の対戦に期待したい。

⇒【大谷翔平、2018日米野球出場の可能性は?

大谷翔平、左投手(ピッチャー)から初となる16号ホームランまとめ 

大谷は苦手としていた左投手から初となるホームランを放った。これで少しは苦手意識が抜けてくれることを期待したい。

日本人選手のメジャーリーグ1年目最多本塁打も射程圏内に入り、新人王獲得のためにも20本塁打を期待したいところである。

9月10日にはケガから復帰後2度目の先発登板が予定されているので、そちらも注目だ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?
⇒【菊池雄星メジャーリーグ挑戦へ
⇒【大谷新人王獲得の可能性・競合選手は?
⇒【「SHOWTIME」ユニホーム売上絶好調
⇒【大谷代打で13号3ランホームラン
⇒【ソーシア監督2018年シーズンで退任濃厚。大谷二刀流への影響は?
⇒【大谷、メジャー1年目で2桁本塁打到達へ
⇒【大谷通訳、水原一平とは?
⇒【大谷翔平の生まれ、出身、学歴とは
⇒【大谷翔平、イチローとの仲や関係性は?
⇒【大谷翔平、同僚ヒーニーとの仲は?
⇒【大谷翔平と菊池雄星の関係は?
⇒【大谷翔平、同僚のフレッチャーとスマブラ対戦でリラックス

関連記事

  1. 柳田悠岐メジャーリーグ挑戦はいつ?大谷翔平との対戦の可能性は?日米野球でサヨナラホームラン。

  2. エンゼルス大谷翔平、ドジャース前田、カブス・ダルビッシュに続きヤンキース田中将大(マー君)も緊急降板…

  3. 大谷翔平の専属通訳・水原一平の役割や経歴、関係性とは?海外育ちで岡島秀樹がレッドソックス時代の通訳も…

  4. 大谷翔平速報、2018年5月27日ヤンキース戦2戦目の結果。4打数0安打1打点で、2試合連続ノーヒッ…

  5. 大谷翔平速報、2018年5月25日ブルージェイズ戦の結果。3打数2安打2得点2四球、メジャー初の1試…

  6. 大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?エンゼルスはレンジャーズに逆転負け。4番指名打者(DH)で出場…

  7. 大谷翔平速報、2018年6月5日ロイヤルズ戦1回戦の結果。代打出場で内野安打、1打数1安打1得点。チ…

  8. 大谷翔平速報、2018年6月4日レンジャーズ戦3回戦の結果。3打数1安打1得点、苦手の対左投手は15…

  9. 大谷翔平、俊足でファンどよめく。ライト前ヒットを2塁打に。チャンスでは敬遠も。エンゼルスはNラミレス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP