注目の記事 PICK UP!

大谷翔平、メジャー1年目日本人最多となる19号ホームラン。左投手(ピッチャー)から2本目、3試合連続本塁打。北海道地震に傷心も良いニュースを。ホワイトソックス戦。

エンゼルスの大谷翔平が2018年9月8日(日本時間)に敵地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に5番指名打者(DH)で先発出場。

第二打席に3試合連続となる19号3ランホームランを放った。

メジャー1年目の日本人選手としては、城島健司の18本を抜いて単独最多となった。

ここではホワイトソックス戦の大谷についてみていきたいと思う。

⇒【大谷17号・18号ホームランで城島の記録に並ぶ

大谷翔平19号ホームラン、城島を抜いて日本人メジャー1年目最多本塁打へ。 

ホワイトソックスの先発は大谷が苦手とする左腕のロドン。

先日は左投手から初ホームランを放つなど、徐々に対応してきている印象だ。

プホルスがケガで離脱してからは、左投手が先発でも大谷の先発出場が続いている。

第一打席はあわせるだけのサードゴロ(通常であればショートゴロだが大谷シフトのためサード)に倒れた。

1-1の同点で迎えた3回表、1アウト1・2塁のチャンスの場面で、大谷の第二打席が回ってきた。

2ボールからの内角高めの3球目スイングした大谷、打球は右中間方向に高く上がり、伸びてスタンドまで届いた。

勝ち越しの19号3ランホームラン。

これで城島健司がメジャー1年目に記録した18本を抜いて、単独最多となった。

大谷は249打数目での19本塁打達成。

城島が506打数で18本塁打だから、大谷の数字がいかにすごいかがわかるだろう。

⇒【大谷、40本塁打100打点は達成可能?

大谷翔平、北海道地震、右ひじのケガも19号ホームランで明るいニュース。 

大谷は9月3日のヒューストン・アストロズ戦で投手として復帰登板をしたものの、その後の検査で右ひじじん帯に新たな損傷が発見され、今シーズンの登板は絶望的となっている。

今後、トミージョン手術を行うか判断していくことになる。

そして大谷が日本ハムファイターズ時代に生活していた北海道で、9月6日に地震が発生。

大谷は少しでも明るいニュースを届けたいと語っていたが、さっそく結果を残したことになる。

被災した北海道の人々にとっても、大谷の活躍で勇気づけられたという人も多いことだろう。

⇒【大谷、左投手だとスタメン落ちする理由は?

大谷翔平、新人王獲得に向けてどこまで成績を伸ばせるか。ホームラン20本、打率3割は達成可能な数字に。 

大谷は今シーズン打者として残り試合を出場する意向を表明している。

19号ホームランを放ったことで、20号はほぼ確実といっても良さそうだ。

あとはどこまでホームランを伸ばせるかに注目が集まり、新人王獲得にも期待がかかる。

ここ数試合は好調を維持しており、打率も0.290近くまで上昇してきている。

打率3割も目指してほして、新人王獲得争いを制して欲しいと思う。

⇒【大谷翔平、2018日米野球出場の可能性は?

大谷翔平、メジャー1年目日本人最多となる19号ホームランまとめ 

大谷は3試合連続ホームランを放って、城島が持つ日本人メジャー1年目の18号をあっさり更新した。

そして苦手とする左投手から2本目のホームランと、徐々に適応してきている。

今シーズンの残り試合は打者として出場する意向を示しており、どこまでホームラン数を伸ばせるか注目だ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷6盗塁目成功、失敗無しで成功率は驚異の100%
⇒【大谷3度目ブルペン。二刀流復帰の時期は?
⇒【大谷翔平初めてのトリプルプレーを目撃?
⇒【菊池雄星メジャーリーグ挑戦へ
⇒【大谷新人王獲得の可能性・競合選手は?
⇒【「SHOWTIME」ユニホーム売上絶好調
⇒【大谷翔平、高卒メジャーリーグ挑戦を目指した理由とは?
⇒【日ハムが大谷翔平をドラフト1位指名した理由とは?
⇒【大谷が日ハム入団を決意した理由は二刀流への挑戦
⇒【大谷伝説。小学生時代のホームランダービー。

関連記事

  1. 大谷翔平、サイヤング賞投手バーランダーから14号ホームラン。プレイヤーズウィークエンドで「SHOWT…

  2. 大谷翔平代打で13号3ランホームラン。新人王獲得前進か?試合前には3度目のブルペン入りで投手復活に向…

  3. 大谷翔平17号・18号ホームラン。メジャー2回目の1試合2本塁打で城島健司1年目の記録に並ぶ。MRI…

  4. 大谷翔平速報、ブルージェイズ戦試合前のフリー打撃練習、5階席への特大ホームランでファンを魅了。敵地選…

  5. 【映像あり】大谷翔平サイクルヒット(安打)達成!日本人メジャーリーガー初の快挙!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP