注目の記事 PICK UP!

【デビッド・フレッチャー】身長や年齢は?エンゼルス大谷翔平のチームメイト・同僚

デビッド・フレッチャーはロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平のチームメイトで、背番号6番、身長178センチ、体重79キロ、1994年5月31日の24歳(記事執筆時点)、大谷と同い年である。

2018年シーズン途中からメジャーリーグ昇格を果たし、今や2番セカンドのレギュラーポジションをつかみ取っている。

ここではフレッチャーの成績や経歴についてみていきたいと思う。

⇒【トラウト・大谷の3・4番コンビが最強

フレッチャーのメジャーでの成績 

フレッチャーがメジャーリーグに昇格したのは2018年6月13日(日本時間)。

昇格翌日の6月14日には敵地で行われたシアトル・マリナーズ戦に9番サードで先発出場し、4打数3安打2打点といきなり大活躍した。

現在ではセカンドが定位置となっているが、ショートもサードも守ることができるオールラウンダー。

2番セカンドでスタメンと勝ち取り、2018年メジャーでは79試合に出場して、打率0.272、1本塁打25打点、1盗塁の成績を残している。

長打力はないものの、しぶといバッティングで日本の2番バッターのようなプレースタイル。

まだ幼い顔立ちでかわいらしく、フレッチャー人気は急上昇している。

⇒【アンドレルトン・シモンズを紹介

フレッチャーの経歴 

フレッチャーはカリフォルニア州南部のオレンジ市出身で、エンゼルスの本拠地であるアナハイムから近い。

高校は地元の公立サイプレス高等学校(Cypres High School)に通い、卒業後はロサンゼルスにある私立ロヨラ・メリーマウント大学(Loyola Marymount University)に進学して、「ロヨラ・メリーマウント・ライオンズ(Loyola Marymount Lions)」で大学野球をしていた。

2015年にエンゼルスからドラフト6巡目・全体195位で指名されて入団。入団当時は将来の活躍を期待されていたわけではなかった。

フレッチャーはプロとしての1年目はエンゼルス傘下のルーキーリーグ「オレム・アウルズ(Orem Owlz)」と1Aの「バーリントン・ビーズ(Burlington Bees)」に所属して、69試合に出場して打率.311、出塁率.377、長打率.414、1本塁打40打点の成績を残した。

2016年は1A+の「インランド・エンパイア・シックスティーシクサーズ(Inland Empire 66ers)」と2Aの「アルカンサス・トラベラーズ(Arkansas Travelers)」に所属、98試合に出場し打率.280、3本塁打37打点16盗塁の成績を残した。

2016年シーズンオフにはアリゾナ秋季リーグ(Arizona Fall League)でもプレー。

2017年には2Aの「モバイル・ベイベアーズ(Mobile BayBears)」と3Aの「ソルトレイク・ビーズ(Salt Lake Bees)」に所属し、111試合に出場して打率.266、3本塁打39打点20盗塁の成績を残した。

2018年シーズンは引き続き3Aの「ソルトレイク・ビーズ」で開幕を迎えへ、58試合に出場し、打率.350、OPS.953と好成績を残していた。

エンゼルスに故障者が続出したため、2018年6月13日(日本時間)に初のメジャーリーグ昇格を果たした。

⇒【大谷新人王獲得の可能性・競合選手

フレッチャーは大谷と同じ年でルーキー 

フレッチャーは大谷とも同い年で仲が良い。

2018年はともにルーキーとしてエンゼルスを引っ張っており、2019年以降の活躍も期待される。

同じくルーキーとしては今シーズン10勝をあげるハイメ・バリアや8月にメジャー昇格したテイラー・ワードもいる。

今年はけが人続出で苦しんだエンゼルスであるが、若手は順調に成長してきており、来年こそはポストシーズン進出を決めてほしい。

⇒【大谷2019年打者専念でMVP獲得は可能?

まとめ 

かわいらしいルックスと日本人のような堅実なプレースタイルでフレッチャーの人気は高まっている。

大谷と同じ年のルーキーは、今では2番セカンドのポジションを獲得している。

今後も大谷とともに活躍を期待していきたい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大谷、フレッチャーとスマブラ対戦
⇒【スーパースター、マイク・トラウト
⇒【アンドレルトン・シモンズを紹介
⇒【大谷2019年打者専念でMVP獲得は可能?
⇒【大谷、40本塁打100打点は達成可能?
⇒【大谷翔平、2018日米野球出場の可能性は?
⇒【大谷メジャー開幕投手は2020年以降?
⇒【大谷2019年以降年俸30億円超えの可能性
⇒【大谷翔平のスポンサー企業とは
⇒【大谷と結婚する方法を「CLASSY」が特集

関連記事

  1. テイラー・ワード(ウォード)、メジャーリーグ初ホームラン。大谷翔平と同じくエンゼルス所属の新人(ルー…

  2. 【ジャスティン・ボーア】エンゼルス入団、大谷・プホルスとポジション争いも?イチローを尊敬?

  3. 【トラウタニ】の意味や由来は?エンゼルスのスター、大谷とトラウトの2人。

  4. 大谷翔平、元チームメイト・マルドナドとの再会の写真をアストロズ公式Twitterが投稿。2018年7…

  5. ヒーニーと大谷の仲は?ヒーニーは27歳の誕生日に1安打完封でエンゼルス勝利。2018年6月6日ロイヤ…

  6. 大谷と仲が良い親友トラウトは2試合連続マルチホームランと大活躍も首位マリナーズ戦3連敗。本塁打王獲得…

  7. 大谷翔平のチームメイト、マイク・トラウトとは?年俸、過去の成績、獲得タイトルは?史上最年少記録も。背…

  8. マルドナドが大谷翔平を救った?エンゼルス捕手で女房役が異変を感じてソーシア監督に訴え、緊急降板で故障…

  9. 大谷翔平・トラウトの3番・4番コンビが最強。15号3ラン・31号ソロと仲良くアベック本塁打。松井秀喜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP