注目の記事 PICK UP!

大谷翔平、メジャー初サヨナラホームラン・ヒットは2019年シーズン以降?

大谷翔平はロサンゼルス・エンゼルスでメジャー1年目の2018年は新人王獲得が期待される活躍を見せているが、現在までに残念ながらサヨナラホームランやサヨナラヒットは記録していない。

ただこのペースで活躍していれば、大谷のバットでエンゼルスがサヨナラ勝ちをするのも時間の問題と言えるだろう。

⇒【大谷メジャー開幕投手は2020年以降?

大谷21号ソロホームラン、サヨナラのチャンスでは凡退。 

View this post on Instagram

Sho Monday who’s boss 💪

Los Angeles Angelsさん(@angels)がシェアした投稿 –

大谷は2018年9月25日(日本時間)本拠地エンゼルスタジアムで行われたテキサス・レンジャーズ戦に3番指名打者(DH)で出場し、第一打席で見事21号ソロホームランを放った。

その後は第4打席まで凡退が続き、4-4の同点で迎えた10回裏、ノーアウト1塁の一打サヨナラ場面で大谷に打席が回ってきた。

2球目の外角低めの球にうまくあわせると打球はライト線へ。

あともう少しでスタンドインという打球であったが、わずかに切れてファール。

1塁ランナーは快速のトラウトであったため、フェアーであればサヨナラヒットとなった可能性が高かっただけに、残念であった。

この打席は結局8球目をうまくとらえるもセンター正面のセンターライナーに倒れた。

⇒【大谷2019年打者専念でMVP獲得は可能?

大谷にサヨナラホームラン・ヒットがない理由 

大谷はそもそも出場試合数が少ないというのと、エンゼルスの特徴として接戦で9回の裏まで行くことは少ない印象である。

9回表で勝利するか、けっこうな点差を付けられての9回の裏の攻撃となるとこが多く、サヨナラ勝ちは少なくなっている。

2019年はケガ人が復帰すればもう少し上位が狙える可能性が高く、接戦となる試合も増えていくだろう。

その時大谷がサヨナラを呼び込めるかが、エンゼルスの順位を左右してくると思われる。

⇒【ソーシア監督大谷の2019年以降起用法を発言

ブリセニョのサヨナラホームランでエンゼルス勝利 

この日のエンゼルスは4-4の同点で迎えた11回裏。

先頭バッターの代打ブリセニョが3球目を完ぺきにとらえてセンターにサヨナラホームラン放ち、エンゼルスは5-4で勝利した。

エンゼルスは今シーズン残り5試合。

大谷がどこまで本塁打数と打率を伸ばすことができるのかに注目したい。

⇒【大谷と結婚する方法を「CLASSY」が特集

まとめ 

活躍をしている大谷だが、意外なことにメジャーでこれまでサヨナラホームラン・ヒットの経験はない。

今シーズンは見ることができないかもしれないが、来シーズンはきっとやってくれることだろう。

エンゼルスの地区優勝とともに大谷個人の活躍に期待したい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【トラウト・大谷の3・4番コンビが最強
⇒【大谷メジャー開幕投手は2020年以降?
⇒【大谷2019年以降年俸30億円超えの可能性
⇒【大谷翔平と中田翔、メジャーで対戦?
⇒【大谷翔平、2018日米野球出場の可能性は?
⇒【吉川俊平投手、社会人からメジャー挑戦へ
⇒【菊池雄星メジャーリーグ挑戦へ
⇒【大谷新人王獲得の可能性・競合選手
⇒【「SHOWTIME」ユニホーム売上絶好調
⇒【大谷翔平、高卒メジャー挑戦を目指した理由

関連記事

  1. 大谷翔平、2019年打者専念でMVP獲得・受賞の可能性。マイク・トラウトに続けるか?

  2. 大谷翔平、新人王獲得の発表日程はいつ?投票・選考方法は?ライバル・アンドゥハーの成績は?

  3. 大谷翔平、エンゼルス同僚のデビッド・フレッチャーと任天堂スマッシュブラザーズ(スマブラ)対戦でリラッ…

  4. 大谷翔平、サイヤング賞を獲得の可能性は?選出方法や受賞者を解説

  5. 大谷翔平が好結果を残すOPSの算出方法とは?出塁率と長打率の合計、メジャーリーグで打者を評価する代表…

  6. 大谷翔平6盗塁目、失敗無しで成功率は驚異の100%。指名打者制の無いパドレスとの交流戦のため代打途中…

  7. 大谷翔平メジャーリーグ新人王獲得の要因・理由は?日本人選手はイチロー以来、二刀流は初。

  8. 【ミゲル・アンドゥハー】大谷翔平新人王争い最大のライバル、ヤンキースで田中の同僚。

  9. 大谷翔平、左投手(ピッチャー)先発だとスタメン落ちする理由とは?対戦成績、右投手との違い、ソーシア監…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP